人生二毛作の田舎暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 国際専門家会議の欺瞞!!

<<   作成日時 : 2011/09/10 10:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

9月11日、12日に福島医大で
日本財団法人主催の国際専門家会議が開催される。

http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2011/08/post_1748.html

参加する学者たちは、UNSCEAR,WHO,
そしてIAEAや,ICRPらの専門家。
これらの専門家達は
チェルノブイリで起こった、
低線量被曝による健康被害を
隠ぺいしていった張本人たちだ。

今回もまた同じことをするつもりなのだろうか?
彼らが行ってきた戦略は
チェルノブイリ事故後に行われたものと同じ。

この会議は福島県民の健康を考えての
会議とは思えない『欺瞞』と思えることから、
全国の市民団体が公開質問状を提出。

今回のシンポジウムの主な目的は、
県民健康管理調査を外部評価してもらい、
国際機関とその学者たちに
権威づけしてもらおうとの噂もある。

7月24日の県民健康管理調査検討委員会の資料は、
予想される外部および内部被曝線量を考慮すると
健康影響については少ないと考えられるとあり、
”答えありき”で進める調査にも見える!!

以上のことから、この会議に対して
以下の疑惑を払拭しなければならない。

@低線量被曝の健康被害ありとする研究者を排除している理由
 
 (IAEA/WHOとヤブロコフ教授、ネストレンコ博士、
  バスビー博士、レンクフェルダー教授、プフルークバイル博士など
  多くの専門家の間に大きな見解の相違がある。)

A一般市民を排除している理由は?

B100ミリシーベルト年間(山下)か生涯(国)かの
 矛盾についてどう説明するのか

本件について福島医大の事務局にTELし確認した。
最終結果を待って判断して欲しいとの回答。


これに対して市民活動団体は
会議が開始される9日 AM8:00〜9:00に
福島医大前で専門家の参加者に
抗議の為の意見書を配る予定。

みなさんの参加もお願いしたい!!


公平な立場の専門家達が
バイアスのかからない公平な議論をする事を
福島県民、そして日本国民、世界中の人々が期待している。

もし、バイアスのかかった結論となった場合には、
世界中の人々はもはやこの専門家達を信用しないだろう!!
そして、政府、県、福島医大の信頼を揺るがす
大きな『賭け』でもある!!







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
公開質問状ー国際専門者会議ー
9月11、12日の両日、日本財団の主催で、 福島県立医科大学にて、国際専門家会議 が開催されている。 ...続きを見る
人生二毛作の田舎暮らし
2011/09/11 12:54
公開質問状ー国際専門者会議ー
9月11、12日の両日、日本財団の主催で、 福島県立医科大学にて、国際専門家会議 が開催されている。 この会議の映像は現在以下ライブで配信されている。 岩上安身チャンネル: http://iwakamiyasumi.com/ustream-schedule/ustream8 日本財団: http://www.nippon-foundation.or.jp/org/news/fukushima-sympo.html 国際専門家会議の欺瞞は以下 http://49981367.at.we... ...続きを見る
人生二毛作の田舎暮らし
2011/09/11 12:57
国際専門家会議の賭け!!
先日福島医大で開催された国際専門家会議の 組織委員会のメンバーは ...続きを見る
人生二毛作の田舎暮らし
2011/09/19 09:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国際専門家会議の欺瞞!! 人生二毛作の田舎暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる