人生二毛作の田舎暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都で支援の輪!!

<<   作成日時 : 2011/09/05 13:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今、日本全国からふくしまの子ども達を
支援してくれる輪が広まっている!!
放射能からの避難者は全国に散らばっている。

除染なくしてふくしまの復興はありえない
福島の復興なくして日本の復興はありえない【野田新首相】

『ふくしま絆プロジェクト』を!!
本当の空があるーうつくしまふくしまーを
後世に引き継ぐ為に!!


以下は福島から京都に放射能から
避難している女性からの報告。
(無断掲載をご容赦ください)

『京都市伏見区役所で行われた
「ノーモア広島・ノーモア長崎、ノーモア福島」で
原爆症集団認定支援ネット兵庫共同代表が
集団認定訴訟の経験をもとに、
広島原爆と福島原発事故との違いを
わかりやすく説明してくれた。
被爆者を守ろうとの熱意が伝わってきた。
福島から避難者は内部被ばくを心配していること、
給食の食材を心配していること、
新築の家を置いて、仕事を辞め、
家族が離れて暮らす辛さなどを訴えた。

講演の中で「20msvというのは、広島原爆では
被爆地の2.5キロ以内に居ろということ。
(広島は一瞬、福島は長期の違いはあるけれど)」
この中で子供たちは外で遊ぶ事もできずに
生活しなければならない。
『福島の子供たちをどうか救って下さい!』と
メッセージを伝えました。

司会者からは「私たちも脱原発を目指しますし、
福島の為に一緒に力を合わせてがんばりましょう」
との言葉を頂いた。感動でした。

皆さん、遠く離れていても、福島を忘れていません。
福島、福島の子供たち、福島に残してきた皆さんを
いつも応援しています。
だから、力をだして今日を生き抜いて下さい。

遠く離れていても私たちは繋がっています。
京都で支援者の輪を広げて
少しでも福島のために支援していくことが
福島を離れた者の使命だと思っています。
一緒にがんばりましょう。
本当の空があるーうつくしまふくしまのためにー』


目頭が熱くなる!!

ふくしまを支援してくれる全国の皆さんに感謝!!
そして、ふくしまを離れて苦労している
ふくしま県民に希望とエールを!!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都で支援の輪!! 人生二毛作の田舎暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる