人生二毛作の田舎暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 国を滅ぼす天下り!!

<<   作成日時 : 2011/04/12 18:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

毎日大きな余震が続く。
今日も福島県を震源地とした震度6弱の地震。
余震は10分毎に起きている。

この頃は震源地が近く、縦揺れがドーンと来る。
地震毎に原発が気になり、NHKTVをつける。
NHKがこれほどまで頼りになった事はない!

福島原発事故は日本国民に
エネルギーや環境、そして忘れかけていた
日本国民や家族の”きずな”
そして何よりも、自衛隊や警察、消防、自治体職員
全国からのボランテアの献身的な作業遂行に
日本人の力や”きずな”を見た!!

アメリカ軍の支援も見逃せない!!
本当に『ご苦労さま』と言いたい・・・


今回の原発事故について以下のような
論調があるので紹介したい。

『福島原発の安全性について原子力安全・保安院内で
「完璧」を期すべきだという意見があり、
また国会でも安全性について追及があった。

完璧とは外部電力が遮断された時
バッテリーや自家発電が作動しない場合に
備えておくこと。
これを怠ったため福島原発は国民を恐怖に陥れ
国際社会にまで危機感を与えている。
「想定外」は「責任逃れ」で正当な理由にはならない!

東電を監督する原子力安全・保安院が
東電に「完璧」を指示しなかったのは
経費がかかるから。

カネをかけたくない東電と
事なかれ主義の元通産省の天下りと
御用学者で構成されている原子力安全・保安院が
「完璧」を求めないのは当然である。

カネに関わりなく安全を求めるはずの官僚が
カネを求める東電に天下る。
これで一体どうして国民の安全が
守られるのだろうか。

民主党は天下りと言う「悪しきしきたり」を
一切禁止すると総選挙で公約して
歴史的勝利を収めておきながら
東電の天下り人事を許してきた。

今回の福島原発事故の最大の原因は
民主党の公約違反にある。』

以上がある経済評論家の論調




東電は論外、国の責任は重大だ!!
しかし、国の責任のとり方は
最終的には国民の負担を強いる事になる。

自民党時代から行われてきた悪しき慣習”天下り”が
この国から山河を放射能で壊し、
福島県民の生活までも奪い去ってていく!!

国民を守るべき国家が
国民の生命や財産、生活を奪い去っていく大罪!!

国民よ怒れ!そして福島県民よもっと怒れ!!

福島に祈りを!!!!




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
安全・保安院の大罪!!
今回の原発事故で露呈した 原子力安全・保安院の役割。 原発の安全を管轄する経産省の外局。 これが何の役ににも立っていない!! ...続きを見る
人生二毛作の田舎暮らし
2011/05/06 10:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国を滅ぼす天下り!! 人生二毛作の田舎暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる